他組織イベント案内

2021-04-22 東大数値解析セミナー(UTNAS)

投稿者:  齊藤 宣一(東京大学大学院数理科学研究科)
会場: オンライン
概要: 高津 飛鳥(東京都立大学理学部) 先生を迎え,「有限状態の最適輸送問題に対するBregmanダイバージェンスによる凸緩和」という題目で講演していただきます.

日程 2021年 4月22日(木) 16:30-18:00
会場 オンライン
本文 東京大学大学院数理科学研究科と情報理工学系研究科では,本年度も数値解析セミナーを定期的(月に1,2回程度)に開催致します.
多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます.
講演者 高津 飛鳥(東京都立大学理学部)
題目 有限状態の最適輸送問題に対するBregmanダイバージェンスによる凸緩和
概要 状態空間が有限である最適輸送問題は、ある線型関数を線型不等式・線型等式に対する制約条件下で最小化する問題、すなわち線型計画問題である。線型計画問題において、最小化因子は制約を与える集合の境界に現れ、そして勾配法は有用でないことが多い。これらの問題点は、最小化すべき関数に凸関数を加え緩和した問題を考えれば、解消しうる。 近年、M.Cuturi (2013)によって、Kullback-Leiblerダイバージェンスを用いた最適輸送問題の凸緩和と緩和最小化因子を見つける速いアルゴリズムが提唱された。本講演では、Kullback-Leiblerダイバージェンスを含むクラスであるBregmanダイバージェンスによる最適輸送問題の凸緩和に対する数学的基礎を述べ、そしてCuturiの提案とは異なる緩和最小化因子を見つけるアルゴリズムを紹介する。
備考 応用解析セミナーと合同開催のため曜日がいつもと異なります

聴講をご希望される方は, 下記詳細 web の「備考」中に記載のある事前参加登録ページで参加登録をお願いいたします.
登録した方にのみ,講演の1時間前に,ZoomミーティングのURLを送付します. ただし,応用数学合同オンラインセミナーのコアメンバーの方は,すでに登録済ですので,再度の登録の必要はありません.
問い合わせ先 齊藤 宣一
e-mail: norikazuseparatorg.ecc.u-tokyo.ac.jp
詳細 web https://sites.google.com/g.ecc.u-tokyo.ac.jp/utnas-bulletin-board/